【導入事例】ハンターマウンテン塩原様 「Webket™導入」

2021.07.06

ハンターマウンテン塩原様では、グッドフェローズのシステムを長年お使いいただいています。
その中で、「Webket」での販売を非常に上手く活用されています。今回は、「Webket」と無人発券機の活用についてお話を伺いました。

Webket™とは
グッドフェローズが運営するオンラインチケットストアです。施設様のオフィシャルHPに「Webket」販売ページをリンクさせることで、短期間でオンラインによるチケット販売の仕組みが構築できます。
ハンターマウンテン塩原
都心から近い首都圏最大級のスノーリゾート。
全12コース、初心者から上級者まで大満足の3,000mのロングラン。そりやチュービング、ふわふわ遊具など大人から子供まで、雪遊びが楽しめるキッズパークも人気。

「Webket」導入事例インタビュー

東急リゾーツ&ステイ株式会社 ハンターマウンテン塩原
営業・販促セクション 室井 政之 様

自動車メーカー営業後、アルバイトでパトロール業務を5年経験する。その後2014年6月東急リゾーツ&ステイ株式会社(旧株式会社東急リゾートサービス)に中途入社。アルバイト時代の経験を活かして、現場業務や販促部門も担当している。

「Webket」を活用し、販売強化に至った問題・課題

当スキー場は首都圏からアクセスしやすく広いゲレンデがあり、ありがたいことに大勢のお客様に来場していただいています。
嬉しい事ですが、土日祝日は混雑し、受付から外まで長蛇の列となってお客様を非常にお待たせしてしまう状態でした。
従業員も午前中の休憩がとれないような状況で、エントランス内の混雑緩和が課題となっていました。

「Webket」が選ばれた理由

「Webket」自体が、グッドフェローズの発券システム「券作くん」と連動していることが大きな理由の一つです。
さらに、「Webket」で購入いただいたチケットの、無人発券機によるリフト券交換が、とにかくスムーズです。

通常は、スキーやスノボーの板などの手荷物を抱えながら券売窓口に30分近くも並び、受付でリフト券に交換して、やっとゲレンデで滑れます。それが、「Webket」でチケットを購入していただければ、無人発券機に携帯のQRコードをかざし、2、3回画面をタップするだけでリフト券への交換ができ、さっとゲレンデに行けるんです。

「Webket」を導入したことで、さらなる窓口の混雑回避と販売の強化を考えるようになりました。

「Webket」活用し、販売強化を行うことでの効果

2018年度は券売窓口と同じところに無人発券機を2台置きましたが、あまりお客様に存在を分かってもらえず、Webketの利用率は6.1%でした。それを踏まえ、2019年に3台に増やし一番目立つ場所に置き強化を図った結果、利用率14.7%、翌年20年度では5台にし23.2%になりました。
これにより窓口混雑を緩和させ、スムーズ化によるお客様満足度の向上や窓口を減らすことでの人件費削減を行うことができました。

2021年度は30%目標にし、さらなる改善を目指します。

「Webket」で販売するにあたり、何か工夫はされたのでしょうか?

無人発券機を目立つ場所へ設置
 初年度の経験をふまえ、無人券売機をあまり目立たない券売窓口側から、お客様が直ぐに分かるよう入口正面の目立つ場所に移しました。それをご覧になって、当日「Webket」でチケットを購入されるお客様も増えています。
インフォメーションディスプレイの設置
お客様に、より分かりやすく簡単にリフト券の交換を行ってもらいたいと考え、無人発券機の上に大きいインフォメーションディスプレイを設置しました。
 「Webket」の使用方法を日本語、英語、中国語で順番に流しています。
リフト券の購入日を前日までから当日も可能に変更
 以前は、前日までにチケットを「Webket」で購入することを定めていましたが、当日購入も可能に変更しました。
それを、年末年始の大行列の中、「Webketでチケットをご購入いただき、最低15分待っていただければリフト券と交換できます!」とお声がけしました。
並んでいるお客様の中からスマホを操作して無人発券機の方へ移動する方が増え、どんどん列から人が減っていくのを、何だろうと皆さん周りで見ていました。広告ですよね。
 そこから当日の購入をお勧めするようになり、さらにご利用が増えて認知度も高まりました。

ご利用いただいたお客様の満足度も向上

土日祝日、券売窓口で並んでいる他のお客さんを横目に、携帯一本持ってきて無人機にピッとかざしてチケットもって出ていく満足度って非常に高いんです。ほとんどの人が「わぁこれいいねー」と言って出ていくんです。列を作っている中、自分はスムーズに行けたという満足度が高いようです。

HPに「Webket」専用の案内ページを掲載
「Webket」の使用方法や販売しているチケット情報など、専用のページを作成しています。
 どんな商品があり、どのようにスムーズに入場できるのか、お客様がわかりやすいご案内を心がけています。
チケット販売も多種多様、限定企画も!
食事券又はお弁当付きリフト券、4日間の実施でしたがカレー付きリフト券、有料レンタルルームも「Webket」で販売しました。
今までは窓口で配布していた次回使えるクーポン券を、「Webket」で次回使えるクーポン券に変更。さらに増やそうと考えています。
「Webket」のバージョンアップも後押し
バージョンアップ、画面のUIの改善も定期的に対応していただき、使いやすいものになっていると思います。
意外に高齢層の方のご利用も増えており、分かりやすいのだと思います。
若い人だけでなく、電子機器からちょっと離れていそうな世代の方も時代の流れに乗って使っていただける、そんなところもいいなと思っています。

今後について

スキー場では用具や荷物も多く、ウェアを着てブーツを履いていれば動きづらいですし、小さいお子さんがいれば面倒を見なければいけません。そんな中、お客様が荷物を一旦床に置いて窓口に並んでリフト券を買うとか、チケットをリフト券に交換するなどはなるべく省きたいと考えています。
やっぱり「Webket」で事前に決済を済ませていただき、専用の無人発券機でサッとリフト券を手に入れてゲレンデに行ってもらいたいんです。それが浸透すれば、実は我々従業員にとっても、いい意味での業務の簡素化になります。お客様にとっても従業員にとっても、よりスムーズな運用ができると思います。

グッドフェローズには「Webket」の支払い方法のことでご相談をしています。
今はクレジットカードとコンビニ払いと楽天ペイだけなので、支払い方法を増やしたいとお話しています。
本当は『窓口で定価券の販売はしません。全て「Webket」でご購入ください。』とやりたいのですが、それには支払い方法の種類を増やす必要があります。もっと支払い方法が増えれば、現地でもうちょっと強く「Webket」でのご購入を推奨できると考えています。

無人機は5台ともフル稼働ですが、「Webket」の回線はパンクをしたことは無いので、まだまだ受け入れる余裕があると思っています。
本当にスムーズに購入から発券までを行えるので、もっと商品を造成する取り組みを考えています。
引き続きがんばっていきたいと思っていますので、ご協力よろしくお願いいたします。

様々な工夫を行い、Webketをより効果的に活用されていることがよく分かりました。
グッドフェローズといたしましても、より快適にシステムをご利用いただけるよう努めてまいります。
この度は貴重なお話をありがとうございました。

導入システムについて

券作くん
チケット販売管理&営業支援システム
スキー場、遊園地、水族館など、集客施設様の入場券や利用券を間単に発行できる窓口発券POSのパッケージシステムです。様々なチケット施設様の運用に対応できる汎用性も備えております。
詳しくはこちら
マル券くん(webチケット交換専用機)
キャッシュレス決済対応のタッチパネル式券売機システムのwebチケット交換のみを搭載した「webチケット交換専用機」です。「券作くん」とデータ連動しているので、チケットの登録や販売実績の集計が楽に行えます。
詳しくはこちら
Webket™
オンラインチケットストアの仕組みが、短期間で簡単に構築できる集客施設様向けのオンラインサービスです。
詳しくはこちら