代表者メッセージ

代表取締役社長 磯部昌美

profile

代表取締役社長磯部 昌美
1958年
山口県下関市出身
1982年
早稲田大学法学部卒業
1984年
「フランス革命殺人事件」ミステリー小説共同執筆出版
1990年
窓口発券POSシステム「券作くん」第一号開発、発売
1991年
株式会社グッドフェローズ設立
1999年
代表取締役社長就任
2010年
「Webket」Webチケットストアサービス開始
2016年
「チケットHUB」チケット流通プラットフォームサービス開始
大学在学中からミステリー小説を共同執筆。
株式会社グッドフェローズ共同創業。
スキー場のリフト券発券システム「券作くん」の開発から始め、プールや遊園地、博物館、テーマパークや展望台等、日本の様々なチケット施設の運営をICT技術で支援。

アリキタリでは
飽き足らない

30年以上施設のチケッティングシステム開発と販売提供に携わってきました。自身の人生を振り返ってみると「アリキタリでは飽き足らない」という思いが一番ピッタリと来るなと感じています。

高3の大学受験で、国立大学に現役合格したのに第二志望の二期校という事に飽き足らず、浪人して上の大学を目指す事にしました。
大学での成績は中の上そこそこでしたが、大手企業就職というアリキタリの道は、何かしっくり来ず飲食店経営の傍ら文筆業を目指しました。

もちろん、挫折もたくさん経験しました。
作家を断念して30歳前に就職しましたが、会社や部門が敷いた路線にそのまま乗るのに飽き足らず、5年ほどで辞めて起業する事にしました。

券作くんというチケッティングシステムパッケージを作ってビジネスを開始しましたが、常に現状レベルに飽き足らず、更に上を目指してバージョンアップを続けてまいります。

まだまだ
新たなチャレンジを!

単品メーカーではアリキタリと、ProPOSやPointClubなど製品のラインナップを広げて行き、RESONETを作って施設全ての業務をカバーできるように商品揃えしました。

それでも飽き足らず、Webチケットストア、ECビジネスの世界に挑戦し、ユーザー会を開催し、テーマパークエキスポに出展し、群集マネジメント研究会の事務局を引き受けるなど仕事の幅を広げてきました。

未上場ながら安定した小粒専門企業ということでは、アリキタリと上場に向けて舵を切ることにしました。

「アリキタリでは飽き足らない」ので、まだまだ新たなチャレンジを続けて行きたいと考えています。社員全員が、アリキタリな現状に満足せず、「勇気」を持って未知の世界に踏み込んで挑戦することを願っています。

前期29期は「勇気」を持って新たな仕事に挑戦しようとスローガンを決めましたが、「勇気」を発揮していろんなプロジェクトをやり遂げてくれました。

30期は、「アリキタリでは飽き足らない」、これまでの成功体験に満足しない、特別で新しいGFワールドを作っていきたいと考えています。

TOP