株式会社グッドフェローズとは

会社について

代表者メッセージ

ICTサービスで施設の運営やマーケティングを
支える仕事に誇りを!

グッドフェローズの代表者

代表取締役社長磯部 昌美

人々が生きていく上で常に必要とされるものは「衣食住」とされます。衣食住が足りた時人々は何を求めるでしょうか?

それは、息抜きや遊びだったり、知的好奇心の充足だったり、リラクゼーションやスポーツ、冒険やレジャーだったりします。

そういうコトを提供しているのが集客施設であり、施設そのものにコンテンツが組み込まれている施設、テーマパークや水族館、スカイツリーのような展望台や遊園地、美術館に博物館、それらを私たちはチケット施設と呼んでいます。

チケット施設は、人生の潤いや感動、わくわくドキドキ、興奮の塊です。
以前、フロリダのテーマパークに行った時、そこのエントランスフラッグに「ここに来るだけで幸せになれる」とあって、すごいキャッチフレーズだなーと感心したことがあります。その言葉通り、そこでの体験は感動と興奮の連続で、今も忘れえぬ幸せな思い出となっています。

施設は、様々なコンテンツをチケットという形にしてサービス提供しています。

そういうチケット施設の、運営やマーケティングをICTサービスで支える仕事に我々は誇りを持って取組んでいます。

巨大テーマパークから、水族館、展望台、植物園やサーキット場など夢のある現場で我々自ら企画・開発したプロダクツやサービスがなくてはならない重要な役割を担って役立つ事が我々グッドフェローズ達の醍醐味です。

施設一つがデパートのようなもの

チケット施設市場に特化してICTサービスを提供するというと随分狭い範囲をイメージされるかも知れませんが、施設にはチケット販売の他にお土産のショップやレストラン、スキー場ではレンタルやスクールサービスも提供していますので、施設一つがデパートのようなものです。そして、ホームページやSNSを活用したマーケティングやプロモーションが日々行われ、日次・月次の会計業務や実績データ分析や来場者数予測など多岐にわたる業務が同時進行しています。

我々が提供するICTサービスは、予約、チケット販売、ゲート改札、滞留者管理、サイネージ、売上集計、請求管理、会計連携、データ分析連携までと全ての業務プロセスをカバーしていますので、総合的な知識と経験を必要とします。

また、Webket(Webチケットストアサービス)とチケットHUBを活用してチケット流通のプラットフォーマーとして、チケット情報流通・代金精算サービスを提供しています。

チケットHUBの流通チケットはチケット施設様から提供されるものですが、チケットHUBチャネルパートナー様は、国内旅行会社、海外OTA、OTAスイッチャー、旅行関連サイト、アミューズメント関連サイト、福利厚生団体、コンビニチケット販売網など協業先は多岐に渡っています。

チケットは、窓口販売だけでなく、自動券売機(マル券くん)やインターネット(Webket)でも販売されますので、ハードウェアやネットワークの知識も重要となってきます。

今や、チケット施設はICT技術なくしては運営できないホスピタリティ溢れた高度のサービスを提供しています。BI技術を使っての来場者数予測やAI技術を活用してのダイナミックプライシング、レベニューマネジメントの実現が始まっています。

No1、オンリーワンのグッドフェローズ

グッドフェローズは、チケット施設のICTサービス提供者としては既に業界No.1企業ですが、更にレベルアップしてICTマーケティングパートナーになるべく様々なテーマにチャレンジしています。

チケット施設業界に熱く厚く信頼されるICTマーケティングパートナー、No1、オンリーワンのグッドフェローズで一緒に力を発揮して行きませんか?

グッドフェローズの理念

『勇気』
グッドフェローズに期待される業務内容が急速に変化しています。
その期待に応えるためには、仕事に情熱を持って「本気」で取り組むだけでなく、未知の領域を恐れずもう一歩踏み込む「勇気」と、自分たちで新しい世界を作り上げるという信念をもって各ミッションにあたります。
ICT Marketing Partner
グッドフェローズは、顧客数の多さを競うのではなく、顧客との関係を『深く拡げる』活動を行っていきます。

会社概要